ORCAによる反応解析の基本

2017-05-22 0

ここでは、ORCAを使った反応解析のやり方について、簡単にまとめておきたいと思います。 題材としては、座標が組みやすくシンプルな反応ということで、マロンジアルデヒド(エノラート型)の分子内プロトン移動を取り上げます(下図) 1.安定構造の最 [→続きを読む]

ORCAの入手とセットアップ

2015-05-06 0

ORCAはMax Planck研究所のORCAのページから入手することができます。 左側のUser Menu下側にある「Register Now!」から個人情報を登録します(既に登録済みの人は2へ)。 ログインし、ForumのDownloa [→続きを読む]

計算のスケーリング

2009-11-14 0

量子化学計算を行う際、当然系が大きくなるとそれだけ計算時間がかかるわけですが、系が倍になれば計算時間も倍かというと、そうはいきません。系のサイズN(通常基底関数の数や単位構造の数をとります)に対して、理論上の計算時間はHFは4乗、MP2は5 [→続きを読む]

NMR化学シフトの高速計算

2009-06-08 0

GAMESSを使ってNMRの化学シフトを計算することができますが(記事)、この計算にはかなりの時間とメモリ量を要し、量子化学計算で算出する利点の数々もこのリソース消費との比較で霞んでしまうことがあります。 商用プログラムでは化学シフトの高速 [→続きを読む]